工場を職場とする薬剤師の求人の概要と魅力

薬剤師には調剤薬局や病院以外にも様々な職場がありますが、工場でも働くことができるのを知っているでしょうか。工場を職場とするとどんな働き方ができるのかを把握するために仕事の概要をまずは紹介します。その上でどのような魅力があるのか、注意しなければならない点は何かを解説するので求人を選ぶときの参考にしてください。

新卒の薬剤師向けの求人内容は会社によってさまざまです!

工場の種類によっては薬剤師が必要

そもそも工場でなぜ薬剤師が必要になるのかという疑問を持っている人もいるでしょう。工場によって薬剤師が必要になる場合もならない場合もあります。食品や電子部品などの製造をしている工場であれば薬剤師は必要がありませんが、医薬品や医薬部外品などの製造をしている場合には管理薬剤師が常駐していなければならないのが原則になっているのです。

化粧品や化学合成に用いられる試薬などの場合にも薬剤師が管理をすることで製造を許可してもらうことができます。そのため、製薬メーカーや化粧品メーカーなどでは管理薬剤師として工場に勤務する人材を求めている傾向があります。

薬剤師の業務は何になるのか

工場で働いた経験がある人の場合には製造や検品などの軽作業をするのを想像するかもしれません。しかし、実際に薬剤師が行うのは広い意味での管理業務です。工場で製造されている医薬品などの品質管理と在庫管理、保管管理をするのが一般的で、さらに現場の人材管理や工程管理なども担うことが多くなっています。

薬剤師は医薬品や医薬部外品などに詳しく、適切な品質があるかどうかを分析したり、安全かつ安定した状態で保管したりするために必要な知識を持っています。その知識を使って適切な方法で現場が運営されていることをチェックしていき、問題点があった場合には是正していくのが仕事です。

医薬品や医薬部外品などの製造工場では一定の規格を満たしていなければなりません。管理薬剤師や原料の品質や製造工程の正しさ、保管環境の適正さなどを適宜確認することによって、製造許可申請をしたときに満たさなければならないと定められた内容について確かに違反していないということを保証するのが役割です。

これによって適切に製造された商品として市場に出すことができるようになります。

薬剤師にとって工場での仕事は魅力なのか

仕事の概要を確認してみると工場の仕事は薬剤師にとって魅力的なのかどうかがイメージできない人もいるでしょう。管理薬剤師として工場で働くのに魅力があるかどうかは考え方次第で、メリットもあればデメリットもあります。

工場での仕事は調剤をするわけではないので、調剤が嫌いな人にとっては薬剤師の資格を生かせる点で魅力があるでしょう。逆に調剤をして働いていきたい人はやりたいことができないため、工場の求人は避けて通るに越したことはありません。

一方、仕事の内容よりもワークライフバランスを重視したいという人にとっては工場の求人は魅力があります。工場はスケジュール通りに稼働させているので、そのスケジュールに応じて休みを取ることができます。現場による違いはあるものの、通常は土日祝日は休みになっていて残業がほとんどないことが多いのが魅力です。

製造職と違って夜間に働いたり、シフト制で土日祝日にも出勤したりするようなことはあまりありません。申請業務などが忙しい場合には残業が必要になることもありますが、その時期も予測しやすいことからワークライフバランスをうまく整えていくことができるでしょう。

工場で働くときの注意点

工場で働くときに注意しなければならないのが業務経験の要求の有無です。職場によってかなり傾向が異なっていて、数年は他の製造現場で管理薬剤師として働いた人しか募集していないこともよくあります。増員の場合にはこの限りではありませんが、退職した人や異動した人がいて穴を埋めるために募集したいというケースでは即戦力が求められるのが一般的です。

また、入社のタイミングについても急かされることがよくあります。企業としては工場を稼働させるために必要な人材なので欠けてしまうわけにはいかず、欠員が出る場合には引継ぎもできるようにして入社できる人を必死に探す傾向が強いのです。

また、工場での勤務は大半がデスクワークになる点にも注意しておきましょう。工場で働くとなると現場に立つことを想像しがちですが、管理薬剤師は現場で作業をすることはほとんどなく、使用している設備や機器の様子を見に行く程度です。

基本的にはデスクワークで工場の稼働状況を確認したり、製造が完了した医薬品や医薬部外品などが正しく保管されているかを調べたり、必要な書類作成をしたりするのが仕事になります。作業内容もルーチンのものが多くて好き嫌いが分かれるので、求人に応募するときにはどんな業務をするのかをできるだけ具体的に調べてみるのが肝心です。

メリットを生かせるように求人を選ぼう

平日にほとんど残業なしで働けて、ルーチンワークだから慣れれば比較的楽に働けるのは薬剤師が工場の求人を選ぶメリットです。このメリットを最大限に生かせるようにするのが求人探しをするときに重要になります。自分なりに理想とするワークライフバランスを実現できるようにし、ルーチンワークの中にもやりがいを見い出せるような現場を探し出すようにしましょう。

現場によっては管理薬剤師の数が少なくて業務量がとても多く、毎日コンスタントに少しずつ残業が発生することもあります。本社で土曜日にミーティングをするスケジュールになっていて週休一日となっている現場もないわけではありません。

また、業務内容についても範囲が現場によってかなり違います。単純に製造工程を確認して品質管理に集中していれば良いだけのこともあれば、現場の人材教育まで行う必要がある場合もあります。やりたい仕事が多いことも重要ですが、業務の幅が広くなることもある点を考慮して、苦手な業務を任されてしまわないように現場を選ぶという意識も持つと良いでしょう。

工場の管理薬剤師になることを考えてみよう

薬剤師は工場からの求人に応募することもでき、全般的な管理業務を担う管理薬剤師として働けます。品質や工程、在庫などの管理業務は種類もたくさんあって大変になりがちですが、ほとんど残業がなくて土日祝日が休みのことが多いのが魅力です。

現場によって忙しさや業務の内容に違いがあるので、慎重に求人を選ぶようにしましょう。

関連情報⇒アポプラス:薬剤師 求人https://www.apo-mjob.com/list/saitama